預りボランティア

仕事内容

保健所などから引き出した犬猫を里親さんが見つかる間一時的に預かっていただくボランティアです

※預かりボランティアにご登録いただいた場合、お世話の仕方についての講習会への参加をおねがいしています。

預かりボランティア基準
  1. 室内飼育(ペット可住宅であること)
  2. 散歩に行くことができる
  3. 予防や体調不良時には提携どうぶつ病院へ連れて行くことができる
  4. シャンプーなどの手入れができる
  5. ごはんを1日2回与えることができる (子犬、仔猫の場合決められた回数が与えられる)
  6. メール、または電話で動物共生推進事業とやり取りが出来る
  7. 当団体主催の譲渡会に参加できる
  8. 預かる前にお世話の仕方や接し方についてのレクチャーに参加できる
    (クレートの練習もし、家でも活用してもらう)

※お世話にかかる費用全体についてはボランティアさんにご負担をお願いしています

応募方法

預かりボランティア基準をご確認後
登録フォームよりご応募をお願いします

名前

住所


電話番号
誕生年(西暦)
メール
職業
預かりボランティア経験
動物の飼育経験
同居動物の有無
預かり可能な動物の種類